女性でも髪型やヘアカラーで薄毛になる

私は子供の頃から髪質が柔らかく細い猫っ毛でした。
髪色も真っ黒ではなく、少しクリーム色の髪色をしていて
ダメージを受けやすい髪の毛だなぁとは自覚していました。

しかし、そこまで気にすることでもなく
いろんなヘアスタイルやヘアカラーをしてきました。

20歳を過ぎてきた頃からダメージではなく、
ある部分が気になるようになりました。
前髪の分け目あたりの髪の毛が薄いと感じてきました。

焦った私は、分け目を変えようとしたのですが、
10年ほどこの分け目だったので
なかなか分け目が変えることができず
癖でどうしても分け目が戻ってしまいます。

そこで、どうしてこの分け目がすごく薄くなってしまったのかを考えてみました。
最初は髪質の問題と思っていたのですが
ずっと同じ分け目で更にピンを使ってとめていたので
負担をかけていたのだと気づきました。

それから前髪以外も薄くなっていることに気づき
自分以外の他人もわかるぐらい薄くなっていました。
その時、指摘されたのは
「ポニーテールはあまりしないこと」
「ロングヘアが負担をかけている」と言われました。

それから私はなるべく髪の毛に負担をかけないような
ヘアスタイルにし子供の時からずっとロングヘアでしたが
バッサリ切り美容師さんがおすすめする、髪の毛がすぐ伸びてくる
高いシャンプーを使うと全く気にならないくらいなりました。

若いからといって、髪の毛を無茶にしていると
遺伝や老化に関わらず薄毛のトラブルはあります。

原因に早く気付けて良かったと思っています。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*